Site Overlay

富久錦と「純米原酒で漬けた梅酒」の紹介

ナレーション:森口真千子

歴史

蔵の地元であり酒米の生産地としても名高い兵庫県加西市で酒造り
を続けています。

私たちが理想とする米を、地元の農家の方々と育て、水や気候といった地域固有の恵みを享受しながら、 伝統的な製法と新たな製法を融合し、「酒は料理とともに生きる」という想いのもと、我々の蔵、我々の地域でしか醸せない純米酒造りを目指しています。

「純米原酒で漬けた梅酒」の特徴

梅酒造りのために醸した特別な純米原酒を使用

自然発酵によるビタミンやアミノ酸を豊富に含む、梅酒作りのために醸した特別な純米原酒をつかって漬けた梅酒です。
香り豊かで果肉が厚く皮が薄い紀州みなべ「滝川農園」の完熟南高梅を使い大粒で完熟ならではの豊かな香りと身のつまった梅の旨みを最大限に引き出しました。
純米酒のもつ旨みと酸味が梅のエキスと絶妙に絡み合い、非常にまろやかで、澄んだ香りのさわやかな味わいが特徴です。
昔ながらの手造りで、一本一本広口瓶で作った梅酒です。

おすすめの飲み方

おすすめの飲み方:クリアな梅酒の味わいをお楽しみいただくため、ロックではなくしっかりと梅酒そのものを冷やしてどうぞ。
夏場は片口などに入れて凍らせ、みぞれ酒にしても美味です。

合うメニュー:しっかりとした味わいの中華料理と合わせてもお楽しみいただけます。