Site Overlay

都美人酒造と「にごり梅」の紹介

ナレーション:森口真千子

歴史

昭和20年に淡路島南部でそれぞれに歴史のある酒蔵10社が志を一つ
にして企業合同。「都美人酒造」が生まれる。

以来70年、創業当初から米の持つ滋味を味と香りにどう生かすかを課題とし、手間ひまを惜しまず「山廃仕込み」を頑なに守り続けてきました。
山廃と速醸を併用する事により、やや厚味の酒質ながらスッキリとした中にも奥行きの深い味わいをいかし、特に燗上がりのする酒質は昔ながらの酒の神髄との評価をいただいております。
7年前に麹室をやり直し、全量手作り麹に、また全国的にも数件といわれる「天秤搾り」復活。合鴨農法で栽培した有機無農薬米の純米吟醸を醸しております。
「お客様が笑顔で飲んでいただける酒造り」に取り組んでいます。

「にごり梅」の特徴

完熟南高梅のとろっとした濃厚な果実感

紀州の太陽と緑で育った大粒の完熟南高梅と日本酒が出会った『にごり梅』。
ピーチのようにジューシーな甘味と香りがギュッと詰まった琥珀色の梅酒。
爽やかな酸味が心地よく、ほんのり甘いトロリとした口当たり。
スペシャルバージョンの『にごり梅』は梅の果肉をふんだんに使った果実感あふれる味わい。
とろっとした濃厚な余韻が楽しめます。

誕生秘話

梅酒を製造するに当たり、「最高の紀州南部産の完熟南高梅を使って 梅酒を製造しよう。」と伝手を頼りに探し回った大粒の紀州南高梅の完熟果実を使用。
完熟果実のおかげで味わい深く、それでいて後口のスッキリとした梅酒に仕上がっています。
日本酒の低アルコール(20%)に漬け込むためには、梅の実が完全に液体に沈み込むまで、朝夕の櫂入れを欠かすことができず、大変手間ひまがかかっています。

おすすめの飲み方

おすすめの飲み方:通常の梅酒より味が濃いめですので、氷を浮かべてオンザロック、 水・お湯・炭酸割り等色々な楽しめ方ができます。

合うメニュー:甘めの梅酒ですので、食前酒、デザート酒が一番ですが、 チョコレートに合わせるのも。また、刺激性や辛味成分が多い料理にも合います。